燃料電池部材

SGL社製GDL

SGL Groupについて

SGLグループは世界最大の炭素、黒鉛の総合メーカーであり、多分野に対して炭素、黒鉛製品の製造、販売を行なっております。
SGL社製GDL(ガス拡散層)は世界中で最も多く使われている製品です。
MFCテクノロジーはSGLグループの燃料電池製品の公式代理店であり、国内のお客様にも数多く採用頂き、ご使用されております。

SGL製GDL製品

SIGRACET(ジグラセット)®GDLは、SGL社独自の製法により開発された黒鉛繊維不織布で、様々な燃料電池の運転条件に応じた各種の基材(38,39シリーズ/28,29シリーズ)をご用意しております。
また、SIGRACET®GDL(ガス拡散層)は、基材の処理に応じて主に3種類に分類されます。

  • GDL AA 未処理基材
  • GDL BA AA基材に5wt%PTFE撥水化処理
  • GDL BC BA基材に標準マイクロポーラス層(MPL)付

(注意) 上記以外の処理につきましては基本的に全て受注生産となりますので、別途お問合せ下さい。

製品について

全てのGDL製品は、オープンリール式75〜100Mロール長で製造され、標準ロール幅、ロール芯径は、それぞれ450mm、12inchとなります。
供給形態はロールあるいはカットシートが可能。カットシートでは、高精度の高速自動裁断装置によりご所望の形状・大きさに裁断の上、ご提供することが可能です。
尚、国内の標準在庫はA4サイズシートとなっております。

SGL社ホームページ(http://www.sigracet.com)に製品の詳細情報が記載されておりますので、下記リンクにてご確認ください。
GDL製品について
GDL製品データシート
GDL製品選択フローチャート